ただのいい人になってはいませんか?

 


だれしも

人からは

良く思われたいものですが

いい人の定義って何でしょう

よく

あの人はいい人です

と言ったりしますが

そんなときは

えてして

嫌なことを言わない

何でも

ハイハイと聞いてくれるような

人を

いい人と言っているのではないでしょうか


ここで

少し目線を変えて

いい親なら

どうでしょうか?

なんでも

子どもの言う事を

はいはい聞いている

何の注意もしない親が

はたして

いい親と言えるでしょうか?

いい上司も

同じです。

褒めるところは褒め

注意するべきところは

しっかり注意するのが

いい上司です。

また

いい友人とは

友人が間違っているときには

しっかりと

意見を言ってくれるのが

いい友人です。


そこには

何があるのか?

それは

相手に対する

責任感です。

相手に対する

責任感があるからこそ

ときには

厳しいことも

言わなければなりません。


私たちは

どうしても

いい人と

思われようとしてしまいがちですが

ただの

いい人では

相手にとっても

プラスにはなりません。

ただの

いい人になってしまわないよう

しっかりと

耳に痛いことも言える

本当の意味で

いい人になれるよう

心掛けたいと思います。


コメント

このブログの人気の投稿

思い込みの影響力

ストレスは心の筋トレ

20分だけ片付ける